お知らせ
【募集】9月23日は『ゲゲゲの鬼太郎(第6期)』特集Part2です。第13話〜最新話まで感想募集。投稿は500文字まで。締切は22日13:00です。
【特集予定】9月30日『プラネット・ウィズ』Part3 第8話〜。夏アニメ最終回特集は10月7日です。

気持ち悪さ、耽美的な乱歩の世界観がよく表れている− TVアニメ『乱歩奇譚 Game of Laplace』先行試写会イベントレポート

シェアする

「うつし世はゆめ、よるの夢こそまこと ―」

没後50年となる日本を代表する作家・江戸川乱歩が綴った、「人間椅子」「影男」「怪人二十面相」「パノラマ島」など心躍らされる、耽美かつ奇怪、そして幻想的な世界観を、数々の話題作を送り出したアニメ界の奇才チーム 監督 岸 誠二、シリーズ構成・脚本 上江洲 誠、アニメーション制作Lercheが、現代に蘇らせた完全新作アニメーション。

乱歩奇譚第一キービジュアル
7月2日よりフジテレビ「ノイタミナ」にて放送を開始する『乱歩奇譚 Game of Laplace』の先行試写会が、6月27日にフジテレビシアターモール内マルチシアターにて行われました。

1話、2話の上映後、プロデューサー兼ノイタミナ編集長の森彬俊さんが登壇し、作品の見どころを3つ挙げて紹介しました。

【音楽】
―― 江戸川乱歩の世界観を演出するレトロ感のある、特殊な劇伴を使っています。そしてamazarashi(OP担当)、さユり(ED担当)という布陣で音楽としても聞きごたえのある仕上がりになっています。

【人物の表現】
――キャラクターがきちんと顔や服が描かれているシーンと、シルエットになっているシーンがありますが、あれはコバヤシの視点なんです。コバヤシは人に興味のないキャラクターとして描いています。興味を持った時点で、初めてシルエットが実像になるんです。今後もこの表現はキーになります。

【映像表現】
――推理シーンを、制作チームは思考空間と呼んでいるのですが、まるで舞台のようなセットや台詞回しにして、なんでもありな世界にしています。どんな表現になるのか今後の展開での推理シーンにもご期待ください。

その後、スペシャルゲストとして、お笑い芸人で江戸川乱歩の大ファンでもあるピース又吉直樹さんがどくろのマスク=怪人二十面相の姿で登場しました。
「5分ほどこの格好でスタンバイしていましたが、自分で自分が怖くなりました」と客席の笑いを誘いました。
150630_1 150630_2
宣伝部長 ピース又吉直樹さん

『乱歩奇譚 Game of Laplace』を見た感想を聞かれ「面白かったですね。初めて乱歩に触れた人も原作にも興味を持ってもらえそうだと思いました」と乱歩ファンとしても嬉しい様子を見せてくれました。
今回上映された1話、2話は『人間椅子』を元にしたストーリーでしたがそれについても「原作とはもちろん違うものですが、その気持ち悪さ、耽美的とも言いますが、そういう乱歩の世界観がよく表れていました。」
乱歩の世界観が好きだと語る又吉さん。町を歩いているときも、乱歩が描くような建物などをついつい探して見たりしてしまうそうです。『乱歩奇譚 Game of Laplace』に出てきたアケチの住まう探偵事務所や作品そのものの雰囲気についても、日常からいつのまにか乱歩の怪しげな世界に入り込んでいく倒錯感が出ていたとも語りました。
今後の展開について森プロデューサーが紹介した際には、「コバヤシ少年がどんな闇を抱えているのか気になります。そこに怪人二十面相がどう関わっていくのか楽しみにしたいです」と作品への期待を話してくれました。

150630_3

さらに、イベント内で森プロデューサーが又吉さんに『乱歩奇譚 Game of Laplace』宣伝部長になって欲しいと直談判!又吉さんはそれに快諾し、さっそく宣伝部長として集まった客席のみなさんに怪人二十面相のお面を配り、たくさんの怪人二十面相を背中にして、写真撮影が行われました。

『乱歩奇譚 Game of Laplace』没後50年「江戸川乱歩」の世界を現代に蘇らせた完全新作アニメーション。7月2日よりフジテレビ「ノイタミナ」にてほか各局でも順次放送開始です!

■『乱歩奇譚 Game of Laplace』公式サイト http://www.rampokitan.com

(C)乱歩奇譚倶楽部

(記事 那瀬ひとみ)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク