お知らせ
【募集】10月21日は「劇場版 夏目友人帳 うつせみに結ぶ」特集。感想募集!投稿は500文字まで。締切は20日11:00です。
【予告】10月28日は「2018年秋アニメ新番組青田買い」です。

エイテックの一員になりました!『Classroom☆Crisis』スペシャルイベント「株式会社エイテック・エンジニアリング発足式」イベントレポート

シェアする

cc_logo
 1月10日(日)にTVアニメ『Classroom☆Crisis』スペシャルイベント「株式会社エイテック・エンジニアリング発足式」が、舞浜アンフィシアターにて開催され、2000人の作品ファン、もとい新入社員が参加しました。
 登壇者は森久保祥太郎さん(瀬良カイト役)、内田雄馬さん(霧羽ナギサ役)、雨宮 天さん(白崎イリス役)、小澤亜李さん(瀬良ミズキ役)、小林ゆうさん(服部花子役)、津田美波さん(領家マコト役)、豊永利行さん(北原コジロー役)、洲崎 綾さん(花岡ツバサ役)、近藤孝行さん(舞岡サクゴ役)、夏川椎菜さん(上永谷アキ役)、南條愛乃さん(八槇スバル役)、堀江由衣さん(小鳥遊カオルコ役)と豪華なメンバーが勢揃いしました。

【CC】パッケージイベントビジュアル

 イベントは朗読劇からスタート。舞浜アンフィシアター特有のせり上がる円形の舞台に、会議テーブルに着席したキャストが乗って姿を現しました。登場したのは内田さん、森久保さん、小澤さん、雨宮さん、小林さん。
 今回のイベントは朗読劇パートが5回にも渡り、エイテックのメンバーが新会社の発足式に向けてなにをしていたのか……が綴られるという内容で、イベントの合間に組み込まれて繰り広げられました。
 最初に現れた5人は、エイテック・エンジニアリングの会議室にて発足式の式次第について会議中、というシチュエーションにもかかわらず、ナギサ役・内田さんの丁寧なモノローグ風の説明に森久保さんがカイトの声で「誰にしゃべってるの?」とツッコミを入れるなど、いわゆるメタなサービス満載の朗読に、観客席からはその都度、笑いが起こりました。
 他にも、発足式3日前にカフェでおしゃべりをする女子たちや、会社の格納庫で相変わらずバカな話をする3バカ男子トリオのやりとりが朗読劇で行われ、アニメでは見ることが少なかったエイテックメンバーの何気ない日常を垣間見ることができました。
 発足式に向けて順調に準備が進められてきましたが、そこはやはりエイテック。なにもトラブルが起こらないわけが無く、発足式でサプライズライブをしてもらうべくゲストに呼んでいた、火星でも大人気のアーティスト“TrySail”が宇宙航行中に事故で立ち往生してしまったとの連絡が!急きょ、カイトたちが、ナギサに内緒で予算を切り詰め開発を進めていた、X-4を使っての救出作戦が開始しました。無事、TrySailを救い出したところでライブコーナーが始まり、会場は大盛り上がり。朗読劇とイベントが巧みに組み合わさった構成には本当に感服しました。

 トークコーナーの前半では、キャストが選んだベストシーンの紹介と収録現場での事件簿が「その時企業が動いた」というコーナータイトルで発表されました。
 ベストシーンのセレクトはなぜかお風呂率が高かったり、収録現場での事件はだいたい内田さんまわりことばかりだったりと、キャスト陣のチームワーク抜群のトークには終始、歓声と拍手が鳴り止みませんでした。

 トークコーナーの後半には、今回イベントに参加した2000人が開演前に答えたアンケート結果を使ったクイズコーナー「クイズ2000人に聞きました!」が行われました。アンケートはクラクラらしく、仕事に関する究極の二択ばかり。キャストは4つのチームに分かれて、新入社員たちの気持ちを一番理解できる“理想の上司”を目指してクイズに挑みました。それぞれがチームカラーを出して独特な回答の見出し方を見せながらも、見事、優勝したキャリアウーマンチームは、発足式のために用意された鏡割りをする権利と有名焼肉店の金券をゲット!キャリアウーマンチームの雨宮さんはイリスのキャラクターと打って変わるハイテンションで大喜びしていました。

 コーナーのブリッジ部分で、新会社である株式会社エイテック・エンジニアリングに届いた霧羽カズヒサ、ユウジからのお祝いメッセージがそれぞれ披露されたり、残念ながら今回、参加できなかったエイテックメンバーの能年ユナ役・阿澄佳奈さんについて、同日に行われていた別会場のイベントをなぞらって「能年は日比谷に出張中」と朗読劇内のセリフで触れたりと、今回のイベントは参加している感を非常に強く感じられる演出がとても素晴らしかったです。
 最後の挨拶では登壇者一人ひとりが“新入社員”に向けて作品への愛を語り、森久保さんは「この作品が大好きで、感謝しています。この作品を一緒に盛り上げてくれてありがとうございました!」、内田さんは「これからのA-TECのみんなの未来をファンの皆さんと一緒に感じられるように、これからも応援よろしくお願いします」と力強く話しました。
 鏡割りでイベントが締まっても、キャスト全員が舞台の縁まで来て最後の最後のまで手を振り、本当にクラクラならではのエンターテインメントと、ホスピタリティに溢れた盛りだくさんな3時間でした!『Classroom☆Crisis』の今後の展開に向けてますます応援したい!と皆が思った、素敵なイベントでした。

アニメ「Classroom☆Crisis」オフィシャルサイト:http://www.classroom-crisis.com

© 2015 CC PROJECT

(記事 那瀬ひとみ)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク