お知らせ
【募集】11月18日は『GODZILLA 星を喰う者』特集です。感想募集!投稿は500文字まで。締切は17日21:00です。
【予告】25日は「ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」特集の予定です。

そこあに「機動戦士ガンダムUC episode6 宇宙と地球と」 #262

シェアする

「そこ☆あに」262回目の特集は『機動戦士ガンダムUC episode 6「宇宙と地球と」』です。

まずは、3月2日新宿ピカデリーにて行われた「初日東京舞台挨拶」のレポートを那瀬ひとみ&田中美樹がお届けいたします。
ゲストは監督の古橋一浩さん、原作の福井晴敏さん。そして声優の内山昂輝さん(バナージ・リンクス役) 藤村歩さん(ミネバ・ザビ役)浪川大輔さん(リディ・マーセナス役) 柿原徹也さん(アンジェロ・ザウパー役)でした。
「初日舞台挨拶」

今回のepisode 6戦闘シーンは控えめですが、本編はまさに深い人間ドラマだったのではないでしょうか。
主人公の子ども達バナージ・ミネバだけでは無く、その周りを囲んでいる大人達をきちんと描いてきた結果として感動を生むストーリーになっているような気がします。UCでは親子の関係はテーマの一つだと思いますが、ジンネマンとマリーダのシーンは涙無しでは見られません。そして最後オットー艦長のクルーへ向けた演説は今を生きる我々への激励にも聞こえます。

いよいよ残すところepisode 7のみ。最後まで「それでもと言い続けろ」という言葉の通り前向きなストーリーで終わって欲しいと思います。

  

  

■機動戦士ガンダムUC公式サイト http://www.gundam-unicorn.net


(c)創通・サンライズ

■出演:くむP・たま・田中美樹・蒔田宏平・那瀬ひとみ
■アートワーク:たま
■OP MUSIC by Cuckoo(クーク)「アベル」Official Website
■ED MUSIC by 田中美樹「HEARTFUL~アンジェロに愛を込めて~」
スポンサーリンク