お知らせ
6月4日の配信は不具合対策のサイトリニューアル作業の為休止いたします。
現在不具合の為メールフォームがご利用できません。
【予定】6月11日は「スキップとローファー」特集です。投稿締切は10日21:00です。
【募集】「そこ☆あに」では新パーソナリティを募集しています。詳しくは募集要項を確認の上お問い合わせください。

いよいよ10月1日放送開始!TVアニメ『境界線上のホライゾン』インタビュー&キャライラスト付きキャストコメント紹介

シェアする

TVアニメ『境界線上のホライゾン』が、10月1日の本放送開始を前にメインキャストの福山潤 (葵・トーリ役)・茅原実里 (ホライゾン・アリアダスト/P-01s 役)のロングインタビュー、そして出演キャスト人のコメントが届いたのでご紹介します。
キャスト達の熱い意気込みからTV放送への期待を高めてください。

――まずは福山さんへ質問です。第 1 話の見所についてお聞かせ下さい。

福山:
原作をすでに読まれている方は、アニメ化にあたりどのようになるのか楽しみで仕方ないと思いますが、文字で 表現されていた部分が「ビジュアルになるとこういう風になるんだ」と、見て頂ければ今後がかなり期待できると 思って頂ける、そういう内容になっていると思います! 「梅組」(主人公が所属するクラス)の面々他、主要なキャラクターがある程度顔を出しますし、これから始まる 壮大なストーリーの第 1 話に相応しい内容になっています!

――キャラクターの人数の多さも、特徴の一つですよね。

茅原:
確かに(笑)

福山:
はい、まだ半分以下ですし、本当に多いですからね(笑)

――茅原さんは、第一話の見所についてはいかがですか。

茅原:
ドキドキしながら臨んだ第 1 話でした。原作を読んでいても、キャラクターが多くてなかなか把握できない所もあ ったのですが、実際にそれぞれのキャストさんが声を当ててみると、とても分かりやすくなりました。自分の中の イメージに色が付きましたね。 話の方はそれこそこれから始まる所ですが、見て頂ければ「どんな風に物語が動いていくんだろう」と第 2 話以 降も楽しみにして頂けると思います!

Ⓒ川上稔/アスキー・メディアワークスc/境界線上のホライゾン製作委員会


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク