お知らせ
【募集】7月29日は新番組から1本目『プラネット・ウィズ』特集です。感想募集!投稿締切は28日(土)22:00です。
【募集】そこ☆あにでは新パーソナリティを募集しています。20歳以上現在放送中のアニメが好きでナレーター・声優養成所経験者。事務所所属の方は許可を得られる方。収録はSkypeを使用します。詳しい内容・応募要項はメールフォームからお問い合わせください。

「坂道くんのように走っていきたい」 − 『劇場版 弱虫ペダル』完成披露試写会舞台挨拶レポート

シェアする

poster_B2_ms
8月28日の全国ロードショー公開を前に、22日、『劇場版 弱虫ペダル』完成披露試写会が都内の劇場で開催されました。上映終了後、満員の会場には大きな拍手が湧き上がり、涙を拭く人の姿も数多く見られました。この日ステージには、 山下大輝さん、森久保祥太郎さん、代永翼さん、柿原徹也さん、宮野真守さんが登壇しました。
001
(左から)くまモン、吉本進役・宮野真守さん、巻島祐介役・森久保祥太郎さん、小野田坂道役・山下大輝さん、真波山岳役・代永翼さん、東堂尽八役・柿原徹也さん

長く続いたテレビシリーズからの劇場版公開となり、山下さんは「いちファンとして、すっっっっごく嬉しかったです!」と感無量な様子。森久保さんは「(山下さんが)成長して、カッコよくなっちゃっていたんですよ。気合い入りすぎで坂道を追い越しちゃったので、ダメダメと(笑)」と、久しぶりのアフレコ現場でのエピソードを披露しました。

この劇場版で『弱虫ペダル』初参加となった宮野さんは、出演が決まってから原作を読んで大ファンになり「(完成した作品を見て)自分がその一員になれたと感じることができて、感動的でした」との感想。初挑戦の熊本弁は、田浦良昭役の田尻浩章さんによる方言指導の音源を聞き込んだそうです。

真波役の代永さんは、テレビシリーズのインターハイで勝負を分けた後が舞台となるため、坂道と真波がどんな関係なのか気になっていたそうですが、「演じてみたらいつもどおりの二人だったので、すごく安心しました。テレビシリーズで負けたのは本当にくやしかったんですよ」と、再び訪れた勝負の機会に喜びの表情でした。

同作のテーマである「魂の継承」について、柿原さんは「この作品もそうですが、自分の夢に一生懸命、まっすぐ生きていくこと自体が、気づいたら何かを継承していることになるのでは」と語りました。

また、山下さんは改めてこの作品の魅力を訊ねられ、「一人一人が主人公みたいな作品だと思うんです。それぞれのドラマがあって、ぶつかり合うところが、頑張れと声が出ちゃうくらい熱い作品です」と力強く答えました。

トークが終わるとスペシャルゲストとして、劇中にも姿を見せたくまモンが自転車に乗って登場(乗れたんだ)! しかも総北のジャージを身にまとっています。熊本のキャラなのに総北のジャージを着ていることを突っ込まれつつ、「大ヒット間違いなかモン!」とコメントを掲げてフォトセッションに参加です。

最後に、キャスト一人ひとりからのメッセージが述べられました。

宮野さん「劇場版で『弱虫ペダル』に参加できて、ほんとうに幸せでした。あの熱いストーリーを一緒に紡げたことが、本当に僕の宝物になっています。みなさんにも僕らの熱い思いが届けばいいと思っています。ぜひ、僕ら熊本第一の応援をよろしくお願いいたします!」

柿原さん「2年前、オーディションを受けさせていただいてから、台本や原作から読み取れる全てのものをぶつけてきました。そしてこうして、劇場でみなさんに見てもらうことが叶いました。僕たち役者もスタッフも、命を削って作り上げた作品だと思っています。一人でも多くのみなさんに届けばと思います。これからも応援をよろしくお願いします。」

代永さん「僕もこの劇場版を見て思うところがたくさんありましたし、泣いたり笑ったりできるところがいっぱい詰まった作品だと思いました。みなさんに胸を張ってオススメできる作品なので、いろいろな方に見ていただきたいです。これからも応援していただけるとうれしいなと思います」

森久保さん「巻島的には、作品の中で総北の3年としての思いを伝えました。そして、坂道からみなさんにきっと伝わるものがあったと思います。その思いを、みなさんからさらに継承して伝えていただければ、この先のドラマもあるのではないかと私は信じています。原作はまだ続いております。全てはみなさん次第です。ぜひ弱ペダにてっぺんをとらせてください! 今日は本当にありがとうございました。」

山下さん「一話から坂道くんと一緒に激坂を登ってきました。今回も全力で臨ませていただきましたが、まだまだレースは終わっていないですし、僕自身も映画を見て巻島さんがもっと大好きになりました。これからも弱虫ペダルが走っていけるよう、この作品で坂道くんが自分の可能性を見つけられたように、僕自身も走っていきたいと思います。今日はありがとうございました!」

涙ぐみつつ語る山下さんはじめ、登壇者全員に大きな拍手が送られ、舞台あいさつが終了しました。

今回の劇場版は、原作者・渡部航書き下ろしによるオリジナルストーリーが描かれます。「魂の継承」をテーマに、インターハイ終了後に行われた新たなレースが描かれます。原作を知っている人には気になるアレコレは……ぜひ劇場で!

『劇場版 弱虫ペダル』8月28日(金)ロードショー
公式サイト http://yowapeda-movie.com/
配給:東宝映像事業部 
(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/劇場版弱虫ペダル製作委員会
<公式Twitter>http://twitter.com/yowapeda_anime
<公式Facebook>http://www.facebook.com/yowapeda

(記事 笠井美史乃)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク