お知らせ
【募集】3月26日は『楽園追放 -Expelled from Paradise-』特集です。感想募集。投稿締切は25日23:00です。
【募集】4月2日は『2017年冬アニメ最終回特集』です。一人1作品まで投稿締切は1日23:00です。

初開催でこの一体感! 『ハイキュー!! セカンドシーズン』春高バレー宮城県代表決定戦・準決勝「烏野高校 VS 青葉城西高校」応援上映イベントレポート

シェアする

8月21日、お台場シネマメディアージュにて、「TVアニメ『ハイキュー!! セカンドシーズン』春高バレー宮城県代表決定戦・準決勝 烏野高校 VS 青葉城西高校 応援上映イベント」が開催されました。最近各所で盛り上がりを見せる応援上映イベントですが、『ハイキュー!!』では史上初の開催。迫力の試合をみんなで応援できるとは、まさに持ってこいの作品ですね。会場に詰めかけたファンは来場者プレゼントで配られたスティックバルーンを手に上映に臨みました。烏野や青城のユニフォーム姿の方も多く見かけましたよ。

dsc09416

今回のイベントでは、烏野VS青葉城西の試合の流れを名シーンで振り返るダイジェスト版と、応援上映用のガイド表示が入った第24話「極限スイッチ」、そして最終回の「宣戦布告」(通常上映)の3本が上映されました。上映前には応援のレクチャーが行われましたが、史上初のイベントにもかかわらず参加者のみなさんの息はピッタリ。声も徐々に大きくなり、早くもエンジンがかかり始めました。

01
<応援ガイドに合わせて声を出す練習>

■史上初なのに上手すぎる応援団

最初に上映されたのはダイジェスト版です。1セット目、2セット目もアツかったですよね。応援用のガイドは入っていない映像でしたが、会場からはどんどん声が上がり始めます。特に、山口がピンチサーバーで活躍したシーンは忘れられません。

02
<24話が始まる前からすごい盛り上がり>

予熱も十分となったところで、24話の上映開始です。

03
<スパイクを決めたら「ナイスキー!」>

04
<ちょと多少戸惑いぎみの烏野コール。でも後半は合うようになってきました。成長早い!>

05
<各キャラの決めカットでは自由に応援!>

後半はサーブに合わせて「そーれ!」と掛け声が上がるなど、レクチャーになかった場面でも応援の声が聞こえました。そしていよいよ烏野のマッチポイント。最後のラリーでは打つ度、拾う度に歓声が上がり、本当に試合を目の前で見ているような盛り上がりです。大画面で見る迫力のプレーに、気持ちを抑えずに叫べるって気持ちいい! ついに最後の1点を奪った時は、感動がひときわ大きく胸に響きました。

06
<ここが今日のハイライト!>

続く第25話の上映でもこのテンションは冷めません。試合のシーンはないのですが、セリフに合いの手が入ったり、アップになれば大きな歓声とバルーンを叩く音が起こり、応援する気持ちは最後まで途切れることなく続きました。

■トークショーも全力応援

上映が終了すると、ステージには日向翔陽役・村瀬歩さん、影山飛雄役・石川界人さんが登壇し、トークショーが行われました。まだまだ熱気冷めやらぬ会場からは、お二人があいさつするとすごい勢いでバルーンの音と歓声が響きます。

dsc09475

「これだけ盛り上がると他の試合の応援上映もやりたいと思いますが」という司会者の問いかけに、村瀬さんは「伊達工!」と即答。すかさず石川さんが「ゴーゴーレッツゴーレッツゴー伊達工!」とリードすると、会場も「ゴーゴーレッツゴーレッツゴー伊達工!」とコールで応えるという、すごい一体感。これに村瀬さんも「気持ちいいね!」とはしゃぎ気味です。ちなみに石川さんは和久谷南戦を希望。あの試合もアツかったですね、縁下先輩!

dsc08450
日向翔陽役・村瀬歩さん

dsc08547
影山飛雄役・石川界人さん

トークでは上映されたばかりの2期最終回の振り返りや、3期へかける思いが語られました。いよいよここから最終決戦、ということころで終わった2期。村瀬さんも石川さんも、2期でも良い終わりかただと思っていたそうですが、3期の決定を聞いた時にはやはり「ただただ嬉しかった」と口をそろえました。

「自分でも思っていなかったんですけど、白鳥沢はすごく強くて今のままじゃ勝てないという気持ちが生まれて。どうしたらいいんだろうと(飲み会で)ベロベロになりながら監督さんたちと話をしていたのが印象的で。それくらい自分の心にこの作品がいるんだと思いました」(村瀬さん)

「村瀬さんは熱い思いを前面に出すタイプじゃなくて、真面目に考えているけど冷静なタイプだと思っていたんです。でもそれを見てすごい熱いくすぶりがあるんだと思って。今までは(村瀬さんに)負けない、ぶつかり合いながらやってやると思っていたんですけど、そこからは一緒に戦いたいと思ったので。その気持ちを3期にぶつけられればいいなと思いながら、今アフレコを迎えています」(石川さん)

白鳥沢は牛島以外のメンバーも3期から本格参戦。キャストもそうそうたる面々がそろっています。「キャラも濃いしキャストも濃いからめちゃくちゃ面白いんですよ!」と、本当に楽しそうに語る石川さん。特に”やっかい”なのは木村昴さん演じる天童覚とのこと。村瀬さんが「1話で聞いた瞬間に鳥肌が立った」という天童の第一声が楽しみです。

dsc08608

最後に、登壇したお二人からのメッセージでイベントが締めくくられました。

「今回は面白おかしくやらせてもらいましたが、本当に真面目に真剣に、スタッフ、キャスト全員で3期を鋭意製作中です。10月まで遠いようですがあっという間です。それまで、改めて見返してもらうなど何かしら『ハイキュー!!』を心の中に持って、そのくすぶった熱を3期にぶつけてもらえれば嬉しいと思います。これからも応援よろしくお願いします」(石川さん)

「ファーストシーズンのすごく好きなセリフで『1センチを、1ミリを、1秒早く頂天(てっぺん)へ』というのがあります。(『ハイキュー!!』は)クォリティの高いもの、良いものを作り続けようという、スタッフ、キャストすべての人にその心意気があると思っていて。あとちょっと、あとちょっと、と頑張った結果みなさんに楽しんでもらえていると思うと、頑張ることはすごく意味があると思うし、今の仕事のポリシーにもなっています。3期もすごく盛り上がると思いますが、その続きもきっと僕たちだけでなく、みなさんの協力、お声で可能になっていくと思いますので、原作もアニメ共々、これからも応援よろしくお願いします!」(村瀬さん)

最後まで大きな歓声に包まれた応援上映イベントでした。ぜひ他の試合でもこうした形で観戦できるイベントを期待したいですね。そして第3期、決勝戦の試合開始がますます楽しみです!

『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』10月7日(金)より“アニメイズム”枠で放送!
04_3%e6%9c%9f%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab
<スタッフ>
原作:古舘春一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
監督:満仲勧/副監督:石川真理子/シリーズ構成:岸本卓/キャラクターデザイン:岸田隆宏
総作画監督:千葉崇洋、八尋裕子/音響監督:菊田浩巳/音楽:林ゆうき、橘麻美
アニメーション制作:Production I.G

<放送情報>
TBS:10月7日より毎週金曜日25:55〜
MBS:10月7日より毎週金曜日26:10〜
CBC:10月7日より毎週金曜日26:50〜
RKB:10月8日より毎週土曜日26:40〜
HBC:10月8日より毎週土曜日26:28〜
TBC:10月11日より毎週火曜日26:05〜
BS-TBS:10月8日より毎週土曜日24:00〜
※放送スケジュールは変更になる場合がございます。


■TVアニメ「ハイキュー!!」公式サイト http://www.j-haikyu.com/anime/
(C)古舘春一/集英社・「ハイキュー!! 3rd」製作委員会・MBS

(記事 笠井美史乃)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク